HOME > 日本を評価する世界の著名人>大韓民国

大韓民国

朴鉄柱(韓国・韓日文化研究所)

ソウルから日本を眺めていると、日本が”心”という字に見える。北海道、本州、四国、九州と、心という字に並んでいるではないか。日本は万世一系の御皇 室を頂き、歴史に断絶がない。それに対して韓国は、断絶につぐ断絶の歴史で涙なくしてみることはできない。」

「現在の日本の自信喪失は敗戦に起因している が、そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。それまで日本はアジア のホープであり、誇り高き民族であった。最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。”事態ここに至る。座して死を待つよりは、 戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。それは日本の武士道の発露であった。日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。それ は大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。日露戦争と大東亜戦争ーこの二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。この 意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。」

「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国 であった。彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラ ウゼヴィッツの戦争論である。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。ある人は敗戦に よって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐに回復できたではないか。二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として 靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇対象となるのである。」
(名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社)


朱耀翰(元国会議員)

「アメリカ大統領ルーズベルト君、君は口を開けば必ず正義と人道を唱えるが、パリ講和条約の序文に人種差別撤廃文案を挿入しようとしたときこれに反対し削 除したのはどこの国だ?黒人と東洋人を差別待遇して同じ席にも着かせずアフリカ大陸で奴隷狩りをしたのはどこの国であったか?しかし君らの悪運はもはや尽 きた。一億同胞なかんずく半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜聖戦勇士とならんことを誓っている!」(『ゴーマニズム宣言第六巻』、232頁)

金満哲氏(評論家)

「韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ」

金完燮氏(評論家)

「韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ」

呉善花氏(評論家)

「日本の統治により朝鮮は多大な発展を遂げた。30年余りの間に1000万足らずだった人口が2500万に増え、平均寿命は24才から45才に伸び、未開 の農業社会だった朝鮮は短期間のうちに近代的な資本主義社会へと変貌した。日本人は朝鮮と台湾を統治するにあたっておおむね本土の人間と同じ境遇を与え た。特に朝鮮に対しては大陸の入り口という地政学上の重要性の為にむしろ本土以上の投資を行い、産業施設を誘致するなど破格の扱いを与えたのである」

李栄薫氏(ソウル大学教授)

「我々は1970年代、国定教科書体制として切り替えながら、『仮想の歴史』を作って来た。
旧韓国末期に対する歴史歪曲も深刻で、日本の帝国主義時代の歪曲も厳重だ。
このような事を何らの検証無しで教科書に書いているのだ。
これはあきらかな反知性だ」


▲ページトップに戻る