HOME > 日本を評価する世界の著名人>中華民国

中華民国

許文襲(実業家)

「台湾の今日の経済発展は、日本時代のインフラ整備と教育の賜物です。当時、搾取に専念したオランダやイギリスの植民地と違い、日本のそれは良心的な植民 地だったのです。」 「戦前の日本の台湾統治に対し謝罪する必要などありません。戦後の日本政府は深い絆を持ちながら世界で一番の親日国家である台湾を見捨 てました。謝罪すべきはむしろ戦後の日本の外交姿勢です。」 (蔡焜燦『台湾人と日本精神』)

李登輝(台湾元大統領)

「現代の日本人たちは、日本を愛する事が出来ないと言うかもしれません。

日本はそれほどに戦争中にアジアの国々に悪いことをしたのだと。

しかし、それも私 から言わせると歪曲された歴史観です。

日本が戦後から行ってきた教育は、あまりにも自虐的すぎました。

そうした考えに正義感を覚える輩は、ただ無知なだけ です。

日本の皆さん、日本を愛しなさい、胸を張りなさい!

日本はあなたがた現代の日本人のものだけじゃありません。

私たち「元日本人」のものでもあること を忘れないで下さい」

蒋介石

「ラモウ・騰越を死守しある日本軍人精神は、東洋民族の誇りたるを学び、範として我が国軍の名誉を失墜せざらんことを望む」
(名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社)

▲ページトップに戻る