HOME > 日本の誇り>偉人・偉業>国中連公麻呂 他

宮本 武蔵

     

二刀を用いることで有名な二天一流兵法の祖。水墨画家・工芸家としても知られる。名字は宮本、また新免、通称は武蔵、本姓は藤原、諱は玄信(はるのぶ)で ある。幼名は辨助(べんのすけ、弁助、弁之助とも)、号は二天、また二天道楽。著書『五輪書』の中では新免武蔵守 藤原玄信を名乗っている。
また『五輪書』は各国のビジネスマンがその神髄を学ぶべく愛読した。

岡本 太郎

     

岡本 太郎(おかもと たろう、1911年2月26日 - 1996年1月7日)は、日本の芸術家。

抽象絵画やシュルレアリスムとも関わり、縄文や沖縄の魅力に再注目した人物でもある。平面・立体作品を数多く残し、文筆活動も精力的に行った。後年はTVなどメディアへの露出も多かった。

イチロー9年連続200安打

 シアトル・マリナーズのイチロー(鈴木一郎)が大リーグ史上初の9年連続200本安打を達成した。
 2009年9月13日、シアトルマリナーズのイチローは対レンジャーズ戦第2打席で内野安打を放った。1901年に故ウィリー・キラー氏が記録した8年連続200本安打を更新し、メジャーリーグ史上初となる9年連続200本安打を達成した
 2009年の第2回WBCでは、チームリーダーとして日本代表をけん引し、決勝戦では決勝のタイムリーを放った。

国中連公麻呂

 世界三大巨匠 は国中連公麻呂、ペイディアス、ミケランジェロ・ブオナローティとなっている
 国中連公麻呂 (くになかのむらじきみまろ、- 宝亀5年(774年))は、造東大寺司次官、仏師。百済渡来人完了(徳率)国骨富の孫とされる。  

(以下Wikipediaから引用)祖父・国骨富は徳率の位にまで昇った百済の高官であったが、天智天皇2年(663年白村江の戦い後まもなく百済が滅亡したため日本に帰化した。

天平17年(745年正七位下より従五位下に昇叙される。翌天平18年(746年)造仏長官に任ぜられ、東大寺盧遮那仏の造像と大仏殿建立の指揮を執る。天平20年(748年)従五位下、天平勝宝元年(749年)には聖武天皇の大仏殿行幸に際して従五位上に昇叙される。

天平宝字2年(758年東大寺大仏殿竣工。大和国葛下郡国中村に居住していたことにより、国中連姓を賜与される。 天平宝字5年(761年正五位下・造東大寺次官に叙任され、のち法華寺浄土院・香山薬師寺石山寺の造営に参画する。天平神護3年(767年)東大寺主要伽藍の完成を祝した称徳天皇の東大寺行幸に際して従四位下に叙される。神護景雲2年(768年但馬員外に転任。

宝亀5年(774年)10月3日没。最終官位は散位従四位下。
確実な公麻呂作品は存在しないが、東大寺の大仏、戒壇院四天王、法華堂の諸造や、新薬師寺十二神将が公麻呂作品と推定されている。

▲ページトップに戻る